少人数の家族葬だからこそ自宅でお葬式ができるというメリット

仕事関係で付き合いが多い方、またそれなりの立場にいる方が一般葬を行う場合、ものすごい数の参列者となることも予想され、故人が自宅でお葬式を行いたいと思っても現実にはできないこともあります。近頃、自宅でお葬式をする方の多くが家族葬を選択しているのも、最後の時間は故人が愛した自宅でということを考える家族が多いためです。例えば長く病気であり、いつかタイミングを見て自宅に連れてきてあげたいと思っても、病状が悪くどうしても生前自宅に戻してあげることができなかった方もいるでしょう。そんな時、家族としては亡くなって最後の時間くらいは自宅で静かに過ごさせてあげたいと考えるのも当たり前です。

通常のお葬式となれば生前のお付き合いの状態によって自宅ではお迎えできないくらいの会葬者の方が訪れることもあります。これを家族葬とし、近親者のみでお見送りすると訃報を届けておくことで、お葬式を自宅で行い時間をかけて故人と家族がお別れを済ませることができる事も大きなメリットとなります。

自宅に愛着があり、自宅に戻りたいと願って亡くなった方ならなおさら、自宅でお葬式をするという選択も良いでしょう。家族葬のメリットには、こうした故人の願いをかなえるという意味も含まれているのです。