お葬式に故人らしさを演出できるメリットがある家族葬

一般的なお葬式で行うことはほぼ決まっていて、葬儀社で決められた流れに任せるというスタイルです。多くの方がお葬式に参列しているため、特別なことを行う時間も少なく、自由さが少ないお葬式ともいえます。宗教が違っているとしても、お経を読む時間があり、お焼香の時間があり、通夜振る舞いや告別式の準備などもあり、忙しく過ぎていくものです。

お葬式とはこういうものという固定概念があるため、それに沿って行う家族が多く、納得のいくお別れにならない事もあります。しかし、家族葬はより自由度の強いお葬式です。音楽を流してもよく、お寺を利用せずにお経をなくすこともできます。家族と親しい人しか参列していないお葬式となるため、お別れの時間をどう演出するか、家族が主軸で考えることのできるお葬式です。

葬儀社の方にお手伝いしてもらうとしても、家族にしかできない故人を偲んだ儀式にできるという点が家族葬の大きなメリットです。最後の時間を家族、また故人にとって良い時間となるように、後にいいお葬式だったと思い出すことができるように、家族葬は大きな意義を持っているお葬式です。お葬式の概念を取り払い、心に残るお葬式にできる家族葬のメリットを活かしたお葬式を、家族それぞれが考える事ができるのです。