家族葬のメリットは周囲に影響が少ない事

通常のお葬式では訃報の知らせを受けて、仕事関係の方、親類縁者が多数訪れます。隣近所とそれほど深くお付き合いしていなくても、お葬式となれば不義理することもできず、ほとんど話をしたことがない方まで来てもらうことも多いです。隣近所との付き合いが希薄となっていることもあり、まったく顔を見たことがないけれど通夜だけ顔を出すなどの行為も通例となっていることがあります。特に田舎で地域の組合が同じであれば、お香典だけでも置きに行くことが多く、お互いに負担がかかることもあります。

本当に親しい人は別として、組合、隣近所だからというお付き合いだけでお葬式に来てもらうのも申し訳なく感じている方も多いです。家族葬にするメリットは、会葬してもらう方を限定できるため、ほぼ顔も知らない人のお葬式に、近くに暮らしているからと参列してもらう面倒をなくすことです。負担を減らせることも家族葬の大きなメリットです。

もちろん会葬してもらう方を限定するとしても、どうしてもお香典だけでも受け取ってほしいと持ってくる方もいますし、お焼香だけでもさせてほしいと訪れる方もいます。そんな時には邪険にして帰ってもらうのではなく、心を受け取り、後に返礼品を送るなどの配慮をする事も必要です。