家族葬のメリットは「お別れの時間をゆっくり持てる」

大切な方が亡くなると、家族は急いで通夜、告別式の準備を進めることになります。亡くなったことの悲しみを嘆く時間も少なく、故人との満足なお別れができなかったことを後悔する方も少なくありません。家族葬のメリットは、亡くなった方との最後の時間をゆっくりと持つことができることが挙げられます。

通夜、お葬式については葬儀社が準備についてもその流れに関しても面倒を見てくれます。しかし会葬に来てもらっている方に挨拶するなど、遺族が動くことも多いです。家族葬は、お葬式に参列する方を限定することができます。家族のみとすることもありますし、本当に近い親族と家族のみとすることもありますし、故人が生前特に親しくしていた友人を数名招くこともあり、お葬式の形も家族それぞれです。会葬者が少ない事で、遺族が対応する時間も少なくなり、故人とのお別れを存分に持つことができます。荼毘に付されるその時まで、亡くなった方が最も近い状態で過ごすことができる、これは家族葬の大きなメリットです。

ゆっくりと故人との思い出話を本当に近しい人たちと共有し、顔を見つめ、亡くなったという現実を理解するためにも、家族葬はとても大きな意義を持っているお葬式といえます。亡くなった方との最後の時間を後悔なく過ごすために家族葬を選択する家族が多くなっていることも納得できます。