費用がかかりにくいことは家族葬のメリット

日本の一般的なお葬式はかなり費用がかかるといわれています。もちろん地域性もありますし、お葬式の形によってその金額も上下しますが、地方に行くほど、昔ながらのお葬式を行うこともあり、かなりの費用がかかるところもあります。外国でこのくらいの費用がかかるお葬式を行うところは少なく、日本は特にお葬式に費用をかけることで有名ですが、最近はなるべくお葬式の費用を少なくしようと家族葬を選択する家族も増えています。

故人が生前病気で、例えば余命宣告などを受けている方が、自分が亡くなった後の家族のことを思い、遺言書を作成し、お葬式は家族葬ですることを指定する事も多く、中には葬儀社に自分で依頼している方もいるくらいです。家族葬の仕方にもよりますが、通常、100万以下のお葬式費用で収まるといわれています。もっと費用を抑えようと思えばさらに抑える事も可能です。家族葬は形、決まりなどもないため、お葬式の形も遺族が考える事ができ、そこで費用を抑える事もできます。

家族葬のメリットとしてお葬式の費用を低く抑えることができるということが挙げられますが、どのように行うか、その形を家族でよく話し合っておくことも必要となります。このメリットを活かしつつ、どうすれば納得のいく家族葬になるか、万が一の時に備えて考えておくと安心です。